花鳥風月

『好き』をこころのままに

言葉を紡ぐ

SNS が発達して

私たちは個人として言葉を発信していく場所が増えたと思う。

小さな頃の私は
おとなしい子で

母親は忙しく家事をしている人で
私はなんとなく寂しくて
本を読んだり道端でお花を摘んだり
自然と親しむことが多い子供だった。

昨日もやっぱり花を買っていた。f:id:cosme0305:20170628211734j:plain

ビタミンカラーを選んでた。

私たちは言葉を紡ぐ。

最近、言葉をとても大事に発信するようにと心がけている。

私は雄弁じゃない。

一つ一つの言葉を選んで話す。

私とであってくれた人は
喋らなくて大人しい私を
つまんないと思うかもしれない。

音楽みたいに心地よく響く言葉を
紡いでいけたらいいなと思う。

今までやれないと感じてたり  
やりたくないことを引き受けて
イライラしながらやってたことも
正直にあって。

今日は初めて断った。

イライラを撒き散らすよりは
きっと相手にとってもいいと思った。

相手は母だけど極力
柔らかな言葉を選んだ。

断ることへの罪悪感も
そっと心にしまった。

こうしてブログを書くことも
しばらくは避けていたような。

だけどここ数日 
言葉が溢れる感じがしてきて
なんとなく綴っている感じで。

しばらくは自然体で 
言葉を紡いでみようと思う。

何か見つかることもあるかもしれない。