花鳥風月

『好き』をこころのままに

今、ここを感じる

久々のブログ更新。

身内が精神科通いをしてる関係で
ふと色々と思うところがある。

心療内科と精神科って何が違うんだろ❔

私の家族の場合、
もともと病気で大学病院に
行ってた関係で大学病院の精神科に
行ってるので他を知らないので。

でも二ヶ月に一度
精神科の先生と10分くらい
しゃべって薬だされて。

10年近くかけてやっと回復してきた!

と、思ったら本人の骨折という
アクシデントでストレスがかかり
また鬱病かひどくなり…

本人は自分を
自分に今、骨折というストレスが
かかっていることに気がついていない。

ストレスの要因を本人に
よく認識させずに

認識しなきゃならないですよね?
と私が聞けば

『それがなかなか認識できないからね~。』

なんて私の質問を軽くかわすあたり、
やっぱり精神科医だ。

自己認識がどれだけ大事なのかは
私もカラーセラピーや心理学を
勉強したので多少はわかる。

精神科医ってなに?

30分待って10分の診察?

とても優しい精神科医だから
本人にとっては
優しくしてくれて嬉しい限りなのだ。

真面目に通い続け、
優しくしてくれる先生がいる。

鬱病の治療のゴールって何?

回復して自分が自分らしく
生きられるようにすることだと
私は思っていたんですが。

8年前からほぼ一人で
母親を見守ってきましたが

やっぱり今の先生がいいという本人と
、そう言われて喜んでる精神科医

心療内科なら違うアプローチを
するのかしら?

私が近くの病院にかえようと言ったら
うん、いいよ。と言うし

先生と話せばやっぱり先生がいいって
言う。

私にも先生にも嫌われたくないから
どちらにもよい顔をするしかない。
そんな本人の深い孤独が
垣間見えてきてふと辛くはなったり
するものの。

その孤独にアプローチしない限り
鬱病から脱出はできないだろうなぁ。

鬱病も子供のときの生育環境の
影響が強いと言われているし。

私も8年との本人との付き合いが
そろそろ限界に達している。
父が亡くなってこの8年間、
ホントに大変だった。

もう同じことを2度はできない。

自分と向き合うことは
結構辛いことだけど

『今の自分』が何を感じてるのか
しっかり認識してあげられるのは
自分自身でしかない。

鬱病にならないように 
過去でもなく未来でもなく
自分の『今ここ』を感じていかなかければ。