空、花、コスメ

空、花、コスメ、好きを綴ります

愛を注ぐ人

昨日の愛を乞う人が母なら

私は愛を注ぐ人。

愛を注げば愛されると信じてた。

究極のよいムスメを小さい頃から
離婚する41才まで演じた。

結局愛を注いでも離婚した夫には届かなかったのだ。

20年連れ添った。
頑張った。
よくやった。

どんなに人格踏みにじられても
私を否定されても許し我慢してきた。
19年目、父の入院をきっかけに
それが雪崩のように崩れる、あっという間に。

理由はただひとつ。

私も私を愛する、大事にする方法を知らなかった。
自己肯定感が低い人だったのだ。

自分を知らず、人に委ねていた。
歩いているのは自分の人生ではなく
離婚した夫の人生だったのだ。

引き寄せた離婚した夫も同じだった。
自己肯定感が低く、親に敷かれたレールを
歩いてきた人だったのだ。
でも、育った環境が自営業だったから
それも当然だったのかもしれないけど。

私は自分を愛するレッスンを
離婚してから学び続けた。

カラーセラピーアロマテラピー
心理学、ヨガ。

ヨガは本当に効果的だった。

続けるうちにどんどん価値観が変わってく。

『正しい』、『間違ってる』
『良い』、『悪い』

という、判断なんて無駄なこと。

ただ心地よいという感覚を続けていく。

自分であることを心地よいと思う。
前屈が苦手だったのにできるようになった。
そんな小さな喜びが積み重なり自信となる。

それを教えてくれたのはヨガだった。

私は愛を乞う母親に育てられた。
だから同じように愛を乞うていたと思う。
自分が愛されたいから人を愛していたと思う。

違ってた。 

自分愛さなきゃ、人も愛せない。

離婚はそれを私に教えてくれた。

思えばすごく辛いレッスンだったけど、
今、ひとつの後悔もなく
ここにいる私が誇らしい。

長い時間をかけて
小さな頃の私が、インナーチャイルドが、
喜びをみつけた。

私は私でいいんだよと。

自分が楽しくなきゃ、心地よくなきゃいけない。

ね💕